エアプサンAIRBUSAN:成田(NRT)から釜山(PUS)



書くのが遅くなってしまいましたが、2018年夏に行った韓国縦断、釜山から大邱を経由してソウルを旅しました。行きに利用したのがエアプサンです。

エアプサンは成田空港・第一ターミナルから

行きはエアプサンを利用しました。釜山はJALなどフルコストキャリアも就航している路線ですが、値段で安かったのでエアプサンをチョイス。馴染みがない航空会社ですが、第三ターミナルではなく成田空港の第一ターミナルに就航している会社です。

手荷物の持ち込みに制限あり

今回の韓国旅行、帰りはピーチ利用だったので手荷物のみのバックパック旅行です。行きのエアプサンも荷物制限ありでした。

成田空港・エア釜山

メインのバックパックと行動バックの2つを持参。乗り込む時に制限がある場合は、行動バックをバックパックに収納できるように余白を持ってパッキングしました。

荷物

昼14時前に出発するので、成田空港でも無理のない時間帯です。

成田搭乗口

2018年のGW(香港・上海)は羽田発着のLCCだったのですっかり羽田贔屓になっていましたので、久しぶりの成田利用でした。

成田搭乗口  成田搭乗口

ないと思ったらあった機内サービス

半分LCCのような気持ちで利用したエアプサンですが、シートは綺麗でしたし、何より機内サービスあり!

機内

午後のフライトだったからかドリンクとお菓子のサービスがありました。

お菓子

2時間ちょっとで釜山へ。

エア釜山

到着ー!韓国の南の都市、釜山到着です。

釜山空港

晴れていい天気でした。これから宿のある街の中心地へ向かいました。

エアプサンはFSCとLCCの中間くらいの航空会社

価格と荷物でみるとLCCのようですが、機内サービスがあり、シートも狭すぎず乗り心地がよく、ターミナルが第一を利用しているので中間のような航空会社という印象です。成田から2時間程度のフライトなので、利用価値が十分あると思います。

メモ

  • 航空会社:エアプサン/AirBusan(BX)
  • 路線:東京成田(NRT)から釜山(PUN)
  • 搭乗日:2018年8月
  • 値段:19,410JPY
  • メモ:航空会社の直販サイトで購入