コーヒーのテーマパーク・スターバックスリザーブロースタリー上海に行ってきた!



香港と上海の旅、上海2日目。

南京西路の朝ごはんを食べた軽食店の目と鼻の先にあった、世界3店舗目のスターバックスリザーブロースタリー上海へ行きました。日本は2019年オープン予定です。コーヒーのテーマパーク!かなり楽しかったです。

午前中はまだ入店規制がなかった

ここのエリアは本当に綺麗になって、中国っぽい感じがしなかったです。万博前に一斉に整備したエリアだとか。高級ブランド店などが多かったです。

まだ午前中だったせいか、行列はなくそのまま入店できました。午後は並んでいました。並ばずに入るなら早めがよさそうです。

イタリアに展開する「プリンチ」の焼きたてのパン

まず入店すると美味しそうなパン!焼きたてのパンが並んでます。リザーブロースタリーは複合施設。コーヒーだけでなく、コーヒーと一緒に楽しめるものも合わせています。

焼き立てで美味しそう。

また、コーヒーのカウンターの方にはスイーツが充実。

大きなロースター機

リザーブロースタリーの目玉と言えば、大きな焙煎機でしょう。

実際に作業員の方がいて、その様子を観ることができました。

カウンター越しに注文するコーヒーバーが複数

1〜2階複数バーがあり、それぞれ異なるサービスを展開しているようでした。

これはdiscoverツアーってオシャレな冊子で各コーナーまわるやつも298元。高い。

TEAVANAでティードリンク

スタバなのでコーヒーを頼もうと思ったのですが、中国のリザーブロースタリーということで、まずはお茶。TEAVANAで番石榴白茶之恋(Guava white tea sparkler)にしてみました。58元。日本ではほとんどお茶系メニュー頼んだことないので知らなかったけどスタバのお茶美味しいです。カクテルみたい。

リザーブのCloverメニューは日本とほぼ一緒

ここまで来たらやっぱコーヒー飲もうと、2階のLongbarコーナーのCloverでビンテージブレンドをホットで。たぶんトール68元。Cloverは技術料と豆が別で合わせた値段の模様。んー高いけど質はあくまでもスタバの豆かなという感じです。ほぼ日本と変わりません。全世界同じ豆なので変わらないかもしれないですね。

これは頼めなかった、ゆっくり抽出するコールドブリュー。これはほんと高かった。

グッズも充実

お土産グッズがかなり充実していました。これはTEAVANAコーナーにあったBAGGUのエコバッグ。ちょっと欲しかった。

マリメッコやデザインされた陶器のテーブルウェアが陳列。

中には日本のメーカーの製品もありました。

スターバックスとおもって侮るなかれ。細部までこだわり抜かれたスタバの本気のお店がリザーブロースタリー。世界3店舗目に上海を選んだというところがすごい。日本は中目黒とのことですが、ここまで大きな店舗はアジアではここしかないかもしれません。ぜひ上海に行ったら寄ってみてください。

スターバックスリザーブロースタリー上海