上海現代建築巡り・龍美術館 西岸館、上海民生現代美術館



香港と上海の旅、上海3日目。午前はPower Station of Artの後、午後は駆け足で美術館建築巡り。(夜そのまま帰国便だったため)時間がなかったので展示は見ずに建築チェックだけ。企画展が良さそうな美術館ばかりでまた上海に来た時はゆっくり訪問したいと思います。

龍美術館 西岸館

こちらは私設美術館で、建物は古い船着き場の工場をリノベーションしたものらしいです。とても美しい美術館。企画が良さそうなので、是非また訪れたい。

公園と繋がっている。市民の憩いの場となっていました。

アディダスのランベースがありました。

とても整備されてる川沿いの公園と繋がっています。

ボルタリング壁があったり。今時のデザインになっていました。

龍美術館

上海民生現代美術館

周辺は万博の後のパビリオンなどが残るエリア。こちらの美術館も元々万博の再利用のようです。

地下鉄の駅から徒歩10分以上あったので徒歩で行く人はほとんどいなかった。高級車がいくつかとまってたので、車で来ているような感じ?表面の外壁のデザインが特徴的。

サインのデザインが良い。

現代美術館ではありましたが、展示物は絵画でした。

上海民生現代美術館