ハノイの市内観光に便利すぎる!配車サービス「Grab」を使ってみた



今回のハノイ旅で、市内観光から空港までの足にガンガン使っていた「Grab」というハイヤー配車サービス。東南アジアではウーバーより台数を伸ばしている今サービス拡大中のサービスだそうです。誰でも簡単に使えるのでオススメです!

英語ができなくてもタクシーに乗れる、市内観光の強い味方!

現地に住んでた妹はUBER派とのことで、毎日通勤で利用していました。その話を聞いて私もUBERにしようと思ったのですが、現地SIMを利用しているのにエラーで全く使えなかった(結局帰国まで原因不明)だったので、東南アジアではgrabを利用してみました。

値段が安い

時間帯によって値段が異なりますが、基本100円〜と日本のタクシーを考えるとかなり安く乗れるのです。鉄道やバスが発達してないので使わない手はありません。

英語、ベトナム語が話せなくてもOK、

アプリ上でピップアップ場所、行き先を登録してから配車をお願いするため、そもそも行き先にの説明を会話ですること自体が不要。地図上で正しい場所に下ろしてもらえるのでトラブるになりません。

支払いは登録しているクレジットから支払

明瞭会計。最初から値段が決まっている上にクレジットで支払うのでドライバーとのお金のやり取りが発生しません。海外旅行での不安ごととしてドライバーに不正にお金を請求されるということがありますが、このサービスはそういった心配はありません!

使い方

頼むサービスを選択する

「Just Grab」が一番使われている個人登録のドライバーによる配車サービス。

行き先をマップ上で検索して入力

Googleマップを利用するので普段の検索と変わりません。名所や店舗名は登録されているのですぐ出てきます。これで利用する前に値段がわかります。 「BOOK」で配車を依頼します。

今回の利用は「乗車」か「配送」か

モノの配送も頼めるようです。普通の乗車なので「Transport」を選択します。

何かドライバーに伝えておくべき事情がある場合はnoteへ

特にないのでそのままにしておいてましたが、例えばトランクからはみ出そうな荷物があるとかドライバーのために懸念事項がある場合は書いておきましょう。難しい場合はマッチしないでくれるのでお互いの為になります。

ドライバーが見つかる

ピップアップ場所に近いドライバーに連絡されるシステムのようです。ドライバーにとって都合が良いルートだと瞬間的に決まります。めちゃくちゃ早かったです。顔写真と車のナンバーが表示されます。

ピックアップしに向かってくる車の場所が地図上で分かる

現地の交通事情が分からないので一方通行の道にいると近いのに大回りでくることになったこともありました。あとどのくらいの時間で来るのか確認できるので安心です。

ドライバーの到着

到着したら画面上でドライバーがピックアップ場所に到着したことを伝える画面になります。

目的地に向かう場所も地図上で表示

つまり常にサービス側から監視されていると言えます。危ない目にあったらすぐエマンジェンシーで連絡できるよう常に画面上に表示されています。

乗車後のレビュー

目的地に到着するとレビュー画面になります。★でレーティングを行い、何か書いておくことがあればメモ欄に記入することができます。

ベトナム現地のSIM(通話付き)が必要だった

  • SIMフリーiPhoneSE
  • ベトナムで使えるSIM(通話付き)

2018年1月時点では現地の SIMが必要でした。さらにドライバーが見つけられない時に登録している番号に電話がかかってくるのでデータ通信ではなく通話付きのSIMにしておく方が良いと思います。

公共交通機関が乏しい国の自由な観光が実現できる、強い味方!

今まで鉄道やバスがない国は自由旅行がしにくく、添乗員付きツアーや現地オプショナルツアーに参加するのが一般的でした。しかし、こういった配車サービスがある地域に限ってですが、個人で自由に移動することが可能になります。

ベトナムだけでなく東南アジア広くサービスが使えるそうなので、ぜひ旅先で使えるか検討してみてはどうでしょうか?