omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

奈良美智「for better or worse」(豊田市美術館)

   

7月後半、出張で名古屋に立ち寄ることが出来たので、奈良美智「for better or worse」に行ってきました。豊田市美術館は2年前にサッカー観戦で豊田に訪れた時には残念ながら改装中で来れなかったので、今回初めての来館。ずっと行きたかった美術館でした。

最初は大学のレポート課題で訪れた「I DON’T MIND, IF YOU FORGET ME.」

初めて奈良美智の作品を見たのは大学1年の時。現代美術概論(とかいう名前だった)のレポート課題だった横浜美術館での「I DON’T MIND, IF YOU FORGET ME.」(2001)。奈良さんの国内美術館初個展だった。その年、たまたま特別講義で本人が学校に来た時、旧本館の講堂が立ち見が出る大盛況で。あれが4年間で一番人がいた授業だったという思い出。

青森の旅へ。初めてのひとり旅は建築とアートの旅だった。

その数年後、初めてのひとり旅で行った青森県立美術館と弘前の奈良美智+graf「AtoZ」(2006)。青木淳の建築に佇むあおもり犬、AtoZは奈良美智の世界をgrafが空間で作り上げた完璧なテーマパークみたいな展示だった。今では海外の美術館や建築に行くようになったけど、最初の一歩は奈良さんの展示が青森だったから。
他、原美術館や2回目の横浜美術館も行った。特にファンというわけでもないけど大きな節目の展示には足を運んでいる作家と気づいた。かわいいから好きなのか、、それは最初だけだと思うけど。確かなのは、ハタチ前後と30代半ばでは同じ作品を見ても感じ方が変わってるのを体感的に分かったこと。県芸出身の奈良さんが愛知を離れて30年、卒業制作のような、決意の展示だそうです。
90年代感が漂う、谷口吉生設計の豊田市美術館にて。9月24日まで。

展示メモ

  • 行った日:7月30日(土)
  • 混み具合:混んでない。整理券配布の作品あり。
  • 同時開催:森千裕-omoide in my head(〜9/3まで)
  • 入場料:1500円(現金のみ)
  • 展示サイト

豊田市美術館

 - 展示・イベント