omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

瀬戸内しまなみ離島旅4日目:佐島最後の朝、ぶらり尾道

   

2017年GWはしまなみ瀬戸内旅でした。4日目最終日はいよいよ佐島を離れる日。今回も広島空港から帰るので、途中でぶらり尾道を散策しました。

5月5日:佐島最後の朝

今日は最終日、okappaの住む根岸邸から出発します。大工のだいちゃんはポストを作るのを頼まれて早起きして作っていました。朝からトンカントンカンという大工の音で目を覚ます。

朝ごはんを作ってもらっている間、少し周辺を散策。神社を発見。夏はお祭りを行うそうです。

佐島の家の屋根。小さな島だけど家はたくさんあります。okappaの家はこの中でもとびきり古かった。貴重な古民家を整備しつつ、これから素敵な生活になって行きそうです。

立石港の渡し船

朝食を食べた後、車で隣の生名島の立石港まで送ってもらいました。立石港は因島への船があるところ。車を運ぶフェリーがあります。目と鼻の先くらいの近さだけど橋はできません。

汐見のミエさんによると、愛媛県と広島県で県が違うからここには橋がかからないのではないかと言われている。と教えてもらいました。

近いので料金も安い。人間は70円です。

GW中は増便しているそうです。帰省で島に車で帰ってくる人が多いからだそう。船に車がぎっしり詰められました。

すぐ到着してしまいます。

近づいてきた。行きに乗ってきた快速船とは違う桟橋でした。

バスで因島から尾道駅まで

土生港からはバスで尾道まで行きます。自転車では走れない車のしまなみ海道を走ります。

アーケード街のチョコレートやさん、久遠

尾道に到着するとGWの中日、一番混み合ってる状態の尾道でした。アーケード街も人がたくさん賑わっていました。その中でお土産を探していたところ、友人が寄っていたチョコレートや「久遠」へ。チョコがけのドライフルーツは柑橘系の商品があります。

数年前と比べて、他にも若い人が経営しているお店が増えてる印象の尾道の商店街です。

尾道の坂道にある小さなパン屋「ネコノテパン工場」

関連記事:【尾道】坂道の途中にある小さなかわいいパン屋「ネコノテパン工場」

坂道の方へ向かい、小さなパン屋さん「ネコノテパン工場」へ。炎天下、坂道に沿って行列に15分ほど並びました。甘くてかわいいパンが並ぶ素敵なお店です。

パン

絶景のベーグルカフェ「空猫カフェ」

関連記事:【尾道】坂道の上から瀬戸内の絶景と美味しいベーグル「空猫カフェ」

ランチを食べに、パン屋の近くにあったベーグルカフェ「空猫カフェ」へ。

時間に余裕があったので、3組待ちでしたが並びました。でも、注文する直前にベーグルサンドセットが売り切れとなり、ベーグルのみと飲み物を注文。もっちりした食感で美味しかったです。

ベーグルとドリンク

向島がきれいに見える絶景のカフェです。

窓の外の絶景

最後にOnomichi U2にも立ち寄り。去年買って美味しかった蜂蜜が売られてなくてがっかり・・・。その代わり、駅前の果物店で瀬戸田レモン買えてウキウキしながら東京へ帰りました。

<おわり>

 

 - 瀬戸内