omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

格安LCCで台湾へシンプルバニラ利用・バニラエア:成田ー台北桃園

   

2016年11月の台湾の旅はバニラエアで行きました。アジアのLCCは初めて利用でした。バニラエアを利用して台北への行き方を紹介します。

友人の評判が良かったバニラエア

とにかく安く台湾に行きたいのであればLCCの選択肢が多いです。よく台湾に行く友人が利用しているバニラエアにしてみました。バニラエアは ANAのグループ企業でのLCCです。

キャンセル不可、受託荷物なしのシンプルバニラを購入

11月の搭乗チケットを8月に購入して諸々の手数料を入れて往復20,450円でした。

手荷物1つだけで3泊の台湾旅行は可能でした!

受託荷物なしの場合、手荷物荷物は1つのみ。完全に1つにまとめられるような容量のザックがオススメ。26Lのザックで行きました。タオルはボロボロのを持って使い終わったら現地で捨て空いた場所にお土産を詰めて帰ってきました。機内持ち込みなのでお土産に水ものは買えません。

バニラエアは成田空港第3ターミナル

今まで成田空港は利用したことがありましたが、LCCは初めてだったので第3ターミナルは初めてでした。

行きは東京駅からの「東京シャトル」片道900円バスがオススメ

成田空港へはいつもWebの事前予約で900円になる「東京シャトル」を利用しています。乗り換えなしノンストップで行きますし、片道900円は安い。寝るとあっという間に到着します。予約制なので必ず座ることができるバスです。第3ターミナルは電車の駅がないので、特にオススメです。

シンプルバニラはカウンターでチェックイン

シンプルバニラはWebチェックインできませんでした。受託荷物は有料なので、手荷物だけになりますが、その手荷物が規定内か大きさと重さをチェックするためだと思われます。スーツケースの人は必ずチェックされます。ただし、私はバックパックだったせいか見せただけでOKでした。重さが自宅では測れず心配でしたが問題ありませんでした。あまりにも大きなバックパックはチェックされると思いますが、30L以下の場合は問題ないと思われるようです。帰りの便も同様の対応です。

残念ながらカードラウンジはなし、フードコートで腹ごしらえ

第3ターミナルは大きな倉庫のような施設。LCCのターミナルなのでカードラウンジは残念ながらありません!食事はフードコートがありました。天井が抜かれた状態でおしゃれな照明が並んでいます。

成田空港第3ターミナルフードコート

搭乗口は階段の下がるところ、建物が簡素な作り

フードコートの奥から手荷物検査、いよいよここから国際線へ右側になります。

成田空港第3ターミナル

手荷物検査後、搭乗口の方へ。バニラエアの搭乗口への案内

バニラエアの搭乗口はこちら。ここでも終始、手荷物の大きさに関するアナウンスがされていました。各自1つまでなのでおまとめくださいとのこと。

バニラエアの搭乗口 バニラエア搭乗口

機内は思ってたより狭くない

機内はエコノミーのみ。座席は選べませんが、3列の端っこで窓側でした。燃料節約のためか、かなり軽量化されたイスに見えました。

座席

イスとイスの間はこんな感じ。

座席と窓

イスの脚は細いので荷物や脚を少し広げてもゆとりがありました。

座席と座席の間

機内サービスは一切ありません。お弁当や飲み物を買うことが出来ます。

座席から飛行機内

到着は桃園空港第1ターミナルに到着

到着後、午後なので到着便が混み合う時間帯のようで入国審査がかなり混み合い時間がかかりました

桃園空港

現地での通信はプリペイドSIMにしました。入国審査後にすぐカウンターがあります

SIMフリースマホを持っているなら利用してみたいプリペイドSIM。台湾は格安で利用できる国なのでオススメです。代表的な3つほどキャリアを選びますが、ほぼ値段変わりません。3日間からがほとんどです。だいたい3日300元くらいから。現地で通話を利用しないなら無料通話が少なめのプランにすると良いと思います。開通してから3日なので72時間分です。3泊なら3日分でちょうど帰国日に使い切ります(私は間違えて5日分買いました、、)

店員さんは非常に慣れているのでテキパキと手続きをしてくれます。SIMを入れるところまでやってくれます。買ったプリペイドSIMの台紙に日本で使っているSIMをセロテープで止めて返してもらいます。パスポートと一緒にケースに入れるなど、旅行中に無くさないように注意です。

桃園空港のSIM売り場

台北方面へは2017年にMRTが開業!ますます便利に

2016年11月時点ではまだ開通してなかったのでバスでした。バスチケットのカウンターで購入、國光客運の台北駅行き片道125元です。

バスで台北駅へ大きく台北駅行きと書いてあるバスが到着したら乗り込みます。1時間弱です。
台北へのバス乗り場

次回、桃園から台北に行くならMRTで行こうと思います。

台湾桃園国際機場 (TPE)

 - 台湾 ,