omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

永康街・アットホームな台湾料理が楽しめる「小隠私厨JamesKitchen」

      2017/07/02

この台湾行き2ヶ月前に愛媛県の佐島のゲストハウス「汐見の家」でお世話になったあきちゃんと再会。台湾の料理が食べたいとリクエストして連れてきてもらったのがこちらのお店でした。MRT「東門」駅、永康街というおしゃれなレストランやカフェが集まるエリアにある「小隠私厨JamesKitchen」です。

お家に遊びに来たようなリラックスできるお店

私たちはあきちゃんと彼氏さんと私の3人で来店。お店は1つの空間しかない小さなお店。入って左側の小上がりのような座敷席に案内されました。右側はテーブル席でした。ちなみに台湾版の「孤独のグルメ」で取材が来たお店とのこと!五郎さんが来そうなお店の雰囲気だった。

メニューを見ながら写真で美味しそうなものを選んで注文

日本語が完璧なあきちゃんにお任せにしようと思って、選んでもらいました。最初に出されたのはお通しのような2品。甘辛い味付け。
お通しみたいなもの

茹でた青菜にピーナッツ味のドレッシングがかかった前菜。シャキシャキして美味しい。
茹でた青菜にピーナッツ味のドレッシング

蒸し鶏に野菜が添えられたもの、お花が添えてあった。全体的に色が鮮やかできれい。蒸し鶏

「猪油拌飯」という台湾ではよく食べられるラードご飯

中盤ででてきたのは、豚のラードをのせたご飯。茶色いのは醤油っぽい味のソースです。混ぜて食べるとコクがあって美味しい。これは食べ過ぎると危険な感じがする。
ご飯に豚の油とソースがかかったもの

上にボンってラードがのってるので、塊を箸で伸ばして食べました。
ごはん

豚の角煮。緑とお肉の色のコントラストが見た目にも美しい!こちらの野菜は緑が濃いですね。
豚の角煮

貝のスープで生姜やネギで煮込んだもの。あっさりしてるけど魚介のだしがたっぷり。魚介系

予約なしなら早めに来店した方がいいかも

早めに来店したので20時より前に退店したのですが、帰る頃には満席。団体の予約のお客さんがいて、賑わっていました。予約はした方がベター。なぜか店の前に大関の樽がありました。日本人も来るのかな。
店

お店メモ

  • 来店日:2016年11月
  • おすすめの人数:4人まで。20人前後で満席になりそうだった
  • 日本語:通じないけど、メニューには写真が掲載されて指差しで選べる
  • Web:https://www.facebook.com/peterkitchentaipei/

小隠私厨JamesKitchen

 - 台北・台中の旅