omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

台北の朝食・テイクアウトで台湾式おにぎり屋台「青島飯團」

   

少しづつ前回の台湾ひとり旅の記録を記事にしていきます。今回の台湾は5年ぶり2回目、ご飯情報はanan「休日台湾」掲載のお店をまわりました。この日は台北での朝ごはんに台湾式おにぎりの屋台「青島飯團」へ。ここは次回行く時もリピートしたいと思っているお店です。思い出してお腹空いてきます・・・。

「飯團」とは台湾式おにぎりのこと

日本のおにぎりとは違い、もち米を使ったおにぎりで卵や漬物などが入っています。もち米の種類は赤米と白米と選べます。

台北駅近く、通勤中のサラリーマンやOLが並んで買う人気店

青島飯團は台北駅の近くです。朝8時ごろに行くと通勤中の方が並ぶ行列ができてました。地元の人に人気ということなので期待できます。次々と買っていくので数人の行列でもあまり待たされません。ちなみに私が行った時は日本人はいなかったのですが、ananに掲載されてますし検索すると情報が出てくるので割と日本人も買いに来ているお店だと思いました。
行列ができてた

その場の作りたてをテイクアウト

親子で営んでいるというおにぎり屋台。具材はほぼ手作りだそう。その場で炊いたごはんに注文した具材を入れて巻いています。作りたてなんです。しかし日本語メニューがないので、食べたい具材は事前に予習していきましょう。とっさに中国語みても具材が思いつかないので・・・。一部だけ翻訳してみました。

  • 全メニューに肉髭(肉でんぷ)入りなので全てに書いてあります
  • 原味はオリジナル(プレーン)味
  • 海苔はのり
  • 柴魚はかつお節
  • 滷蛋は煮卵

煮卵が分からず私は注文ミスったので是非次回こそは・・・!
屋台で手作り
形は円錐形です。ビニールに包んでもらいました。ホカホカです。
テイクアウト

列車の旅におすすめ

この日は台中に行く日だったので、台湾新幹線の中で食べました。台北駅の近くにあるので、テイクアウトして列車の旅にオススメ。冷めても美味しい味でした。もち米なので腹持ちも良く、腹ごしらえにぴったりです。
新幹線の中で食べたおにぎり

お店メモ

  • 来店日:2016年11月
  • 営業スタイル:屋台
  • 価格:1個30元〜(買ったのは35元)
  • 混雑:並ぶけど進みが早いのですぐ購入できた
  • 営業時間:6:00-10:00
  • 日本語対応:通じない、メニューなし、ただし手差しで注文可能
  • カード:不可

台湾食べ歩きに参考にした本
アンアン特別編集 休日台湾 (マガジンハウスムック)

青島飯團

 - 台湾 ,