omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

買った・もらった豆

会社用にぴったり・堀口珈琲の簡単で美味しいドリップバッグ

投稿日:

サポーズデザインのオープニングレセプションの帰り、代々木上原散歩でまだ買ったことがなかった堀口珈琲のお店に立ち寄り。

堀口珈琲はこだわりの深煎り

堀口珈琲は創業時から深いりへの強いこだわりをもっています。

煙臭さや焦げた風味が前面に出るのではなく、素材の個性が損なわれずに表現されていている深いり。すなわち、柔らかな苦みや香ばしい香り、濃厚なコクが基本にありながらも、酸味や甘み、優雅な余韻を感じることができるコーヒー。

この理想の香味に近づくため、厳選した生豆の中から深いりに耐えられる素材をさらに選び抜き、焙煎釜にもさまざまな改良を加え、熟練したロースターの技術をもって作り上げています。

産地の個性がしっかりと表現された深いり、他のロースターとは一線を画す堀口珈琲の世界です。

最近は浅煎りのコーヒーがよく見かけますが、堀口珈琲は深煎り。

ちょうど会社用に良さそうなドリップパッグを買ってみました!

パッケージのイラストがドリップパッグ。
パック表

美味しい飲み方は3ステップ

パック裏

1:のばす

珈琲バックのスティックを真っ直ぐなるように伸ばします。コップにセット。
浸漬式のバッグ

2:熱湯を注ぐ

コーヒーバッグをカップに入れ、熱湯(160ml)を注ぎ、しっかり浸してください。全体が浸かるように沈めましょう。
お湯入れたところ

3:上下させる

20-30秒スティックを上下させながら抽出してください。1分ほど上下するとしっかりと抽出できます。お好みの濃さでお召し上がりください。しっかり動かさないと薄めに出来上がってしまうので注意です。

ペーパードリップパッグがほとんどですが、珍しい浸漬式。お湯を落とすのが苦手な人にもオススメの商品だと思います!深煎りですが、苦さはなく不思議とマイルド。豆の特徴を引き出す焙煎を行っているように思いました。

豆メモ

  • 購入:2017年4月1日
  • ブランド:堀口珈琲
  • 種類:オリジナルブレンド・ドリップパッグ5袋セット
  • 価格:700円
  • 方式:浸漬式
  • 煎り:シティロースト
  • 購入場所:堀口珈琲上原店
  • Webサイト:http://www.kohikobo.co.jp/

堀口珈琲







-買った・もらった豆
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

尾山台・コーヒー豆:丸山珈琲[ケニア]

今年最初に買ったコーヒーは会社が早めにあがったので帰りに少し遠回りして丸山珈琲へ。 豆と挽きが2つあるので裏を見て買いましょう。 豆メモ 購入:2017年1月 ブランド:丸山珈琲 産地:ケニア 煎り: …

コーヒー豆

Factory & Labo 神乃珈琲・フルーティなブレンド[神乃ブレンド 弐 ~香~]

目黒通りに昨年新しくオープンしたドトールの新業態「Factory & Labo 神乃珈琲」カフェでドリップコーヒーを飲んだ後、豆も買って帰りました。

京都・ウイークエンダーズコーヒー 富小路 [エチオピア]

今回の京都プチ散策、もちろんコーヒーやさんにも立ち寄り。 ウィークエンダーズコーヒーが富小路に店舗をかまえていました。以前は京都中心部から離れたところで広めの店舗だったと記憶しています。 駐車場の奥に …

TERA COFFEE and ROASTER白楽店[コロンビア]

サリサリカリーの為、久しぶりに白楽に行ったので、ついでにコーヒー豆を買いにテラコーヒーの白楽店に立ち寄り。最近は大倉山店で購入することが多かったけど、この白楽がもともと本店でした。

4/4 SEASONS COFFEE(オールシーズンズコーヒー)[CokoRWANDA]

今回は買った豆じゃなくて頂き物。引越しに伴い、ひとり暮らし宅で使っていたダイニングテーブルを友人に差し上げたところ、コーヒー好きということでプレゼントしていただきました。以前行ったことがある新宿三丁目 …

profile

omame(おまめ)です
東京都在住のUI/UXデザイナー

平日はITメーカーの会社員デザイナーをしながら、日々の忘備録としてブログを書いています。

Twitter:omamemo
Instagrm:_omame