omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

プリズムによる虹色の光を体感する新作「吉岡徳仁 スペクトル」(資生堂ギャラリー)

      2017/03/27

今回も最終日。最近、最終日ぐせがついてきましたが・・・ギリギリでも行ってよかったです。徳仁のシルエットから光がピシャー!っていう展示ビジュアル。実際はこんな光ではないので大丈夫でした。ただ、吉岡徳仁の展示って絶対イメージのどこかに吉岡徳仁が出てくるよね。なんでだろう。作品が引き立つとは思うけど。
ギャラリー前のポスター

部屋1つを使ったインスタレーションでした。霧がうっすら立ち込めている。
天井のプリズム

床の虹色、動いてた。きれい。床のプリズム・正面から

奥に壁に取り付けられたプリズムがあり、その中に光源のようなものが。光源が動くことで虹色の光が動いてるようでした。
床のプリズム・横から

2015年に行った京都のガラスの茶室で座ったベンチ。今回のインスタレーションの部屋にも2つあり、座りながら鑑賞することが出来ました。
ガラスのベンチ
この作品を使った巨大な空間、大規模な展示を期待しています。

展示メモ

  • 展示名:吉岡徳仁 「スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線」
  • 場所:資生堂ギャラリー
  • 観覧日:2017年3月26日(最終日)
  • 混み具合:問題なく見られる
  • 所要時間:インスタレーション1作品のみ、5-30分
  • 観覧料:無料

資生堂ギャラリー

 - 展示・イベント ,