omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

ヨーロッパ鉄道建築の旅’16:1日目 アエロフロートでモスクワ経由ミラノ

      2017/04/12

2016年4月28日(木)
ヨーロッパ鉄道建築の旅’16:1日目

今年はGWに10日間休みが取れるのと、アエロフロートでGW期間にも関わらずミラノ往復8万5千円という値段だったので、思い切って行くことに決めました。

今回の旅のテーマは建築と鉄道。10年来、見たかった建築が集まってるのでまわってきた。ミラノからスイスへ鉄道で入り、国境付近にあるバーゼルからドイツ、フランスに足を伸ばし、ぐるっと1周してまたミラノに戻ってきます。

成田から初アエロフロート、行き先案内はローマ行きだけど私はモスクワで降りる。なんとエコノミーなのに機内でスリッパとアイマスクくれる。(持ってきてたけど)昔のイメージを払拭すべく、サービスに力入れてるらしい。機内食はふつう。アエロフロートは別に記事書こうと思う。
ヨーロッパ鉄道建築の旅'16:1日目 アエロフロートでモスクワ経由ミラノ

9時間ほどで到着、ヘルシンキと同じくらい近い。モスクワで降りる時、成田から左隣だった女の子がひとり旅っぽかったので話しかけてみたら、とっても話しやすかったのでそのままトランジット中の空港内のカフェでお茶してきた(でもそのあと同じカフェにいた他の日本人男性も合流してきて3人だった)ロシアの通貨持ってなかったんでカードで支払った。アイスラテが4.500円くらいだったはず。
ヨーロッパ鉄道建築の旅'16:1日目 アエロフロートでモスクワ経由ミラノ

彼女は関西でバレエの先生で、留学していたチェコにプロとしてバレリーナしている友達を訪ねるという。なんて素敵な旅だ。関空より値段的に成田経由の方が安かったかららしい。
もうひとりの男性は横浜の40代?くらいで、ひとり旅が長期休暇の主な過ごし方という男性(私も将来そうなるんではないか説)今までアジア中心だったので次はヨーロッパに広げたところ。行き先はスペイン。宿は全て決めてないスタイル。私は宿は全部予約していかないと無理なのでそういう旅ができる人はすごい。治安が微妙な国にガンガン行けるのは男性の特権、羨ましい。

女の子とSNS(インスタとFB)を交換し、今でも旅先から日常の投稿を垣間見て、とてもいい出会いだった。勇気を持って話しかけるって大事だな。一生で来ることないと思ってたロシアで。
ヨーロッパ鉄道建築の旅'16:1日目 アエロフロートでモスクワ経由ミラノ

3時間ほどでミラノに22時頃到着。アエロフロートで一番心配していたロストバゲージはありませんでした!めちゃくちゃ並んでた入国ゲートがEU以外は2つしか空いてなくて、いい加減な審査だった。さすがイタリア。

深夜なので近くで宿泊。空港バスでドメスティックのターミタル2に移動して、空港側のデザインホテルに泊まる。日本時間だとほぼ徹夜明けの朝くらいの時間だったので泥のように眠かった。
ヨーロッパ鉄道建築の旅'16:1日目 アエロフロートでモスクワ経由ミラノ

今日はキングサイズだけど、明日からドミトリーのベットになる。
翌日は、ミラノからスイス・バーゼルへ鉄道で移動します。
<つづく>

 - ヨーロッパの旅, , ,