omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

MacBook Proを街の修理やでバッテリー交換してみた

      2017/05/13

久しぶりのブログです。

何があったかというと、
(これから書く記事である)GWの4回目のヨーロッパから帰ってきて、
MacBook Proのバッテリーが死んでいた・・・のです。

まだ買って1年半なのになんてこったい。ThinkPadだったらこんなことにならなかったよ!

うそだろ、と思いたいけど何回充電しても「×」マークから全く回復する見込みがないので、重い腰をあげて6月中旬渋谷のジーニアスバーへ持ってきました。iPhone担当より、Mac担当親切な店員さん。同じ店なのに接客の質が明らかに違う・・・と思いながら、店頭の簡易検証ではバッテリー以外は正常と出たので、バッテリーのみの交換2万2千円くらいになりますということで預けました。

数日後、Appleの修理センターで検証したら水没が発覚したとメールが・・・。実際に送られてきた画像がこちら。
Macbookpro_repair

コーヒーこぼしたことあったっけ・・・・( ^ω^ )くらいだったのでびっくり。
なんかしみてる。そのせいで、ロジックボード交換も合わせて8万になりますが、どういたしましょう。という内容でした。ヨーロッパいけるやん。

とにかくバッテリーだけ交換してくれないか交渉したけど、修理が完了できないのでと断られてしまいました。8万だったら新しいパソコン買えるしね。

次に、交渉できる可能性がある街の修理やさんに持っていくことに。ちょこっと調べた中で、信用できるところに頼みたいので口コミがあった渋谷のApple修理専門店「愛Mac」にしました。メール連絡もレスポンスが早くて信頼できる感じでした。

・バッテリー故障
・ロジックボードに腐食
は確認され、「バッテリーは交換が必要ですが、ロジックボードの腐食は軽度のため、洗浄作業にて問題ないと判断いたしました。」とのことで、洗浄・交換作業代含め、4万円で修理完了。当初思ってた金額より2万増えたけど、夏のボーナスの一部がふっとぶ8万に比べたら半額に収まりました。

バッテリーは大事に充電していくとして、内部の水没の影響は今後どうなるかわからないのでtime machineで保存しつつ使っていきます。ほんと水こぼした覚えないんだよね。どんだけ弱いんだ。6年くらい使わないと元取れないよね。

 - 日記