omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

京都・吉岡徳仁・ガラスの茶室ー光庵

   

早起きして、仕事の前に来年2016年の4月までの限定公開で京都・将軍塚青龍殿に展示されている、吉岡徳仁の「ガラスの茶室ー光庵」を観に行きました。

地下鉄・蹴上駅からタクシーを拾うのはウェスティン都ホテル京都で

公共交通機関の最寄りは山の麓にあたる地下鉄・蹴上駅です。ここから山の上までの移動はタクシーのみ。徒歩でも行けないわけではありませんが、相当登ります。軽い登山です。夏場でしたのでタクシーを利用することにしました。
駅を出てもタクシー乗り場はありません。駅の近くにあるウェスティン都ホテル京都まで移動し、そこでタクシーを拾いました。よく同じ目的でホテルでタクシー拾うお客さんがいるそうです。

国宝「青不動尊」を含む拝観料は500円

国宝「青不動尊」も含めて拝観料はワンコイン。ぜひ国宝を観てから、最後にガラスの茶室へ向かう順路にしましょう。
吉岡徳仁・ガラスの茶室

吉岡徳仁・ガラスの茶室

京都市内が展望できるパノラマ!

市内が展望できる大舞台。この日は快晴でよく晴れた京都市内を展望することができました。日陰がまったくないので、日焼け対策は十分なさってください。
吉岡徳仁・ガラスの茶室

茶室は細い柵で囲まれており、そこまでは近づくことができました。
吉岡徳仁・ガラスの茶室

ガラスのベンチは座れないと思ったらひんやり

茶室に入ることはできないのですが、まわりにあるベンチは座れました。すごく暑いので、ベンチも高温になってるかと思ったら意外と冷たい!?ガラスだから光を通してしまうためか、熱を持ってなかったんですね。不思議ー。私は午前9時台でのことなので、午後になってるとさすがに熱くなってるかも?
吉岡徳仁・ガラスの茶室

美しい佇まい。できれば人が少ない時がおすすめです。
吉岡徳仁・ガラスの茶室

注意!タクシーを待機してもらうと往復3100円も!

運転手さんに待ってるからと言われ、また迎車するのもめんどくさいと思い、そのまま見学。待機中もメーターが動くことをすっかり忘れていまして、、ゆっくり見ていたら往復で3100円もかかりました!かなり高いー!ひとりで行く時は注意してください。誰か誘い合って割り勘できる方がいいと思います。

9月以降は循環バスが運行するそうです。計画にまわればバスの方がいいですね。

将軍塚青龍殿

 - 京都, 建築