omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

アメリカの旅2014:1日目 NY到着、夜のメトロポリタン美術館

      2015/06/23

【1日目】
2014年9月13日(土)
アメリカの旅2014/NY・Portland

2014年の夏休みは9月に友人と2人でアメリカへ行きました。その時の日記を書きます。
ずっと行きたかった憧れの街New York、そしていま話題の住みたい街No.1と言われる西海岸Portlandの2都市周遊です。時差もある2ヶ所を6時間かけて移動(笑)手配やお店の詳細記事はのちほどまとめますので、まずは日記ベースで書いていきます。

今回利用したのはデルタ航空。NYからPortlandの順でまわりたかったので、NRT-JFK、JFK-PDX(Portland)、PDX-NRTを全て直行にできて予算内だったからです。
あと、アプリFly DeltaのUIがかなり優秀。インタラクション、デザインがかっこいいだけでなく機能がすごい。Webで出来ることEチケット、チェックイン、席の選択を全てアプリで行えました。もちろんパスブックとも連携。追加料金のコンフォートエコノミーへの変更や、荷物の追加、食事サービスの変更なども行えるようでした。さすがアメリカの航空会社。

今回の旅も成田空港から。午後15時出発なので空港で腹ごしらえ。搭乗口の近くにあったマクドナルドにしちゃった。。でもアメリカ滞在中、マクドナルドには行きませんでした。というか、New YorkとPortlandでは見かけなかったです。
アメリカの旅2014:成田

DL172便。ニューヨーク行き!高まります。
アメリカの旅2014:成田・搭乗口

デルタ航空の機内サービス、夜ご飯 生野菜が割りと入ってると思う。
アメリカの旅2014:デルタ航空会エコノミー夜ご飯

お夜食はパンとクッキーが入ったお菓子セット。
行きの機内では前日にナイトミュージアムをレンタルしたのでiPadで観ながら、あとはガイドブック熟読して、寝てました。
先ほど書いたアプリだけでなく、アメニティやコップ、機内エンターテイメントの画面デザインに至るまで、とにかくデルタ航空のコミュニケーションデザインが全てが統一されてデザインされておりました。ほんとすごい。航空会社のブランド大事ですよね。

デルタ航空の機内サービスその2、朝ごはんオムレツ フルーツがついてるのはいい。
アメリカの旅2014:デルタ航空・朝ごはん

New Yorkも遠い、長かった。フライト12時間。
降りてさて街へ…と思ったら、ESTAの審査が!「ファーストESTA~」の列に行列。初回は指紋全部スキャンさせられる作業がありました。ぼーっとしながらグルグルまわって、たびたび審査官が離席して進まない列に当たっちゃったりで、気が付けば2時間くらいかかりました。。

そこからNYC Airporterというシャトルバスに乗り、グランドセントラル駅で下車。ここで荷物運ぶおじさんにチップ渡すのに、いきなり1ドル札が必要になるから出国前に換金する時は細かいお札まで出してもらうといいです。
アメリカの旅2014:グランドセントラル駅

NYの宿はPod39というおしゃれなビジネスホテル。初回のNY、治安がいいところに泊まりたくて、グランドセントラル駅の近くでアクセスがいいとトリップアドバイザーの評判が良くて決めました。ベットにはそれぞれテレビと充電用の電源がついてる。スマホがおける棚が便利。ひとり旅でもおすすめです。
アメリカの旅2014:NYの宿Pod39

フライトとESTAの行列で疲れて行くの迷ったけど、頑張って初日にメトロポリタン美術館へ。
金・土は午後9時まで開館しています。なんとか残り2時間切ったところで到着。この日は寄付の日、自分で決めた金額で入館料を払える日でした。でも、チケットカウンターのお姉さんと会話して最初は分からなかった。あなたが決められますって丁寧に説明してくれて分かったよ。ドンマイ。。
アメリカの旅2014:メトロポリタン美術館

時間なくてゆっくり見ることが出来なかったけど有名なフロア、絵画だけまわりました。かなりモネ充。
アメリカの旅2014:メトロポリタン美術館・階段

エントランスホール。みんなのうたで、大貫妙子の「メトロポリタン美術館」を聞いて育った私としては感無量。
アメリカの旅2014:メトロポリタン美術館エントランスホール

夜ご飯どうしようって悩んで、初日夜はSUBWAYに。SUBWAYとStarbucksってNYにものすごいある。どこの駅いってもある感じでした。翌日2日目から本格的に観光スタートです。

<つづく>

 -