omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

燕岳:燕山荘でケーキ食べて、ご来光を観ながらコーヒーを。

   

2014年10月11日―12日(10日前夜泊)
10月の連休の話。2014年山小屋泊2つ目。
夏の連休に延期になった北アルプス燕岳へ行きました!
日が経ちすぎてるのでJPG撮って出し写真中心で行きます。

■行程
友だちと:3人
10/10(金)前夜泊

19:20 新宿-松本行き高速バスで3時間
宿泊:エースイン松本

10/11(土)
6:43 松本-穂高(JR大糸線)
8:00 穂高駅前から乗合バス-有明荘で下車。
有明荘で荷物預かり(帰りの着替えやお風呂セットを置いてく)
徒歩15分で登山口へ到着。
9:00 登山開始
12:00 富士見ベンチで昼食
13:20 合掌小屋
15:00 燕山荘着
17:00 日没
19:30 夕食

10/12(日)
4:50 朝食(1回目)
5:50 ご来光
7:30 山小屋から山頂往復
8:30 下山
有明荘で温泉入る。
15:00 穂高駅で蕎麦食べる。
17:20 松本から高速バス乗って帰る。

早朝の大糸線には全然人乗ってなかった。穂高駅で30分くらい待った後、乗合バスで中房温泉へ向かいます。乗ってる人はほぼ登山客です。
燕岳:穂高駅バス停

有明荘で荷物置いた後に歩いて15分ほどで中房温泉・登山口に到着。
燕岳:登山口

富士見ベンチで昼食休憩。登山道で見晴らしがよくなるところにあるベンチ。今回はバーナー持参しました。こった料理はできないのでお湯入れるだけで作れるカルボナーラにしました。
燕岳:富士見ベンチ

夏はスイカが食べられるので有名な合掌小屋。スイカ食べたかった!ここまでは登山口からロープで荷物を運んでるので売店の品ぞろえが豊富。
燕岳:合掌小屋

標高が高くないのでずっと緑に囲まれながら登山していました。
燕岳:登山中

15時すぎ予定通り燕山荘に到着。既にたくさんの人が到着して賑わっていました。到着順の夕食は最後から2番目の回になりました。
燕岳:燕山荘

まだ日が高いうちの山頂。美しい。北アルプスの女王と言われてます。
燕岳:昼間の山頂

ひとしきり写真を撮った後はお楽しみカフェタイム。
燕山荘は生ケーキが食べられる!やっほー!疲れた体に染みる~。生ビールもあります!お酒好きな方はぐびっと飲んでらっしゃいました。
燕岳:カフェでケーキ

日が落ちてきた時の山頂。天候が良くてきれいなグラデーションでした。
燕岳:夕景

燕山荘の夕食。けっこうちゃんとしたメニュー。夕食時にオーナーからのお話とホルン演奏があります。
燕岳:夕食

夜は月を観ながら外であったかい飲み物飲みました。10月なので外めっちゃ寒かったけど。夜景が見えます。
燕岳:夜

いつものように相部屋で寝られない上にめっちゃ早起きして初回の朝食に並び、ご来光にスタンバイ。やってみたかったご来光を観ながらドリップしたコーヒーを飲むこと。ミルで弾いてアウトドア用のペーパードリッパーで抽出。今回の豆は夏休みアメリカ・ポートランドで買ってきたスタンプタウンのハウスブレンド。美味しかったです。
燕岳:ご来光

ご来光。
燕岳:ご来光

ご来光が終わった後、山頂に行きました。往復1時間ほど。山頂は岩でゴツゴツしており、人があまり立てないような狭い場所でした。三角点。ここは山頂に立つことより山小屋から眺めた方がいいですね。
燕岳:山頂三角点

下山後、穂高駅前で蕎麦。箸袋に山。天ぷらそばいただきました。
燕岳:下山後のそば

登山道が整備されており、行って帰ってくるだけのルートなので、たしかにアルプス初心者向きの山。
山小屋はトイレが建物の中にあったり、快適なので女性でも安心して利用できると思います。2015年も長野県の山、どこか1つは行きたいな。

以上です!

 - ,