omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

ドイツからイギリスまで鉄道の旅

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:冬の洋服

投稿日:2014/12/29 更新日:

冬休みは頑張って更新しているomameです。

まだまだ引っ張る去年のネタ。洋服編。
日本から考えると緯度が高いから、

冬のヨーロッパ、めっちゃお寒いんでしょ!

と思って東京の時の最高装備で参りました。寒さ対策のためにムートンブーツ好きじゃないけど買った。

・ミドル丈のダウンコート
・インナーとして薄手のダウンベスト(ユニクロ)
・カシミアのマフラー
・ムートンブーツ
・100デニール以上のタイツ

冬なので10日着回せば洗濯しなくてすむコーディネート
ヒートテックの上に
・カシミア混ニットのワンピース
・ニット+ウールショートパンツ
・ニット+コーデュロイパンツ

の着回し

最初に到着した2013年ドイツ西部は例年の中では温かい方ということで東京の方が寒く感じました。次のアムステルダムは少し寒くて、フランスは日帰りで地方に行ったら、パリに比べると寒いという感じでした。ランス行った時、中盤の疲れもきて一瞬風邪引きそうになった。ロンドンもそこまで寒さは感じなかったかも。雨だったことの方が辛かったです。。

都市部はそこまで寒くないような気がします。
年によるんでなんとも言えませんが、東京の最低気温の格好で行ってどうしても寒い場合は現地のファストファッションで買い足す、重ね着するくらいでしょうか。北海道並みの寒さではなかったです。

現地で調達して身につけていたもの。
2日目デュッセルドルフのC&Aの帽子。セール中につき9ユーロ。
途中2カ国ひとり旅だったので、黒髪が目立つんじゃないか(てか顔もうすっぺらいじゃないか!)と不安だったこともあり、ずーっとかぶっていました。雨に濡れたりで表面がヘコヘコしてますが、お守りみたいな思い出のアイテムです。

R0010448
この写真はルーブル・ランスのカフェにて。ミートパイってフランス語で言われて私分からなくて、売店の店員さんも英語でなんていうかしばらく考えてたな。サクサクで美味しかった。

以上です!







-ドイツからイギリスまで鉄道の旅


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:2日目 ケルン

【2日目】 2013年12月22日(日) ときどきひとりのヨーロッパ周遊の旅 22日~25日まで友人宅に滞在し、クレーフェルトから観光できる場所を案内してもらいました。

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:混む美術館は事前にEチケットを買うべし

冬休みは頑張って更新しているomameです。 鉄道は全て日本でWeb予約したEチケットでしたが、美術館の入場券もWebで購入することができます。

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:4カ国鉄道の旅、移動・宿泊の手配

1年前のことを今のように思い出しているomameです。 2013年ヨーロッパの旅、費用と予約について書いておきます。 2013年秋ごろに手配していますので、値段はその当時の相場です。

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:12-13日目 ロンドン最終日【完】

【12-13日目】 2014年1月1日(水)~1月2日(木) ときどきひとりのヨーロッパ周遊の旅 ハッピーニューイヤー! 最終日はお買い物とテートモダンのリベンジ。

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:5日目 ICEでドイツからオランダ。デュイスブルク→アムステルダム

【5日目】 2013年12月25日(水) ときどきひとりのヨーロッパ周遊の旅 25日クリスマス当日。 朝ツリーの下でプレゼントがある!起きたら家族で交換するんですね。

profile

omame(おまめ)です
東京都在住のUI/UXデザイナー

平日はITメーカーの会社員デザイナーをしながら、日々の忘備録としてブログを書いています。

Twitter:omamemo
Instagrm:_omame