omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

ドイツからイギリスまで鉄道の旅

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:11日目 ロンドンのニューイヤーイブ

投稿日:2014/12/26 更新日:

【11日目】
2013年12月31日(火)
ときどきひとりのヨーロッパ周遊の旅

(2014年の冬休みになりました)1年がかりで書き終えようとしています(汗

ニューイヤーイブ。
次の日の早朝便でロンドンを離れる同僚と再び行動。

同僚が夜中に経つので、スーツケースをビクトリア駅までバスで移動。
R0010705

日中は大晦日でも営業してる現代アート系のギャラリー2件観に行きました。
まずヘイワードギャラリー。(http://www.southbankcentre.co.uk/venues/hayward-gallery)
Waterlooという川の側。サウスバンクセンターというロックからクラシックまでやる大きなホールなど集まる文化施設の中にありました。いわば東京国際フォーラムのような感じ。
R0010706

次にサーチギャラリー。(http://www.saatchigallery.com/)Googleや有名企業がスポンサードしている世界的に有名な個人運営のギャラリー。期待通り、数もよく作品がきれいに見える明るい空間でした。今は2つのテーマと1作家が地下でインスタレーション貸切でした。ペインティングから彫刻まで2.30代中心の若手作家が展示されていました。
R0010721

夕方からキューガーデンという地下鉄で少し離れた郊外にある世界遺産の庭園のイベントへ。王室が管理している広大な庭で、ジャングルみたいなグリーンや池や温室やあるのですが、そのクリスマスライトアップイベントでした。
R0010725

R0010727

R0010749

日本人には暗すぎるんじゃないか?と思うくらいで若干肝試し的な雰囲気も笑。細い枝木を照らす光は綺麗でした。残念ながら温室の中には入れなかったのですが、中から光らせてシルエットが映し出される日本にはない演出だなと。ここも子どもがたくさんいてかわいかったなー。
R0010738

R0010750

またロンドンの中心地に戻りニューイヤーのFireworksへ。
IMG_4768 - コピー
私たちナメてました、ほんとうに予想以上の混み合い。地下鉄の混みすぎてる駅は通過、辛うじてメイン会場の隣で降りられたのですが、花火が観られる橋への道はすでに封鎖されてしまい、ずっと北のほうへ場所を探しひたすら歩くことに。

IMG_4776 - コピー
やっと40分前に2ー3本北にいった橋で場所を確保することができました。そこは交通規制のない橋でしたが、歩道に人が溢れて車が動けなくなる状態でした。。

見終わったあと、いろいろあり警察署とかに行ったりして、、早朝ポルトガルへ向かう同僚とお別れ。
靴がない泥酔した女の子とかが乗ったカオスな地下鉄を乗り継ぎ、2時半ごろ宿に到着。長い一日でした。

そしてヨーロッパ周遊の旅もあと残すところ1日ちょいです。

<つづく>







-ドイツからイギリスまで鉄道の旅


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

関連記事

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:8日目 ポンピドー・センター・メッス、パリ進化大陳列館

【8日目】 2013年12月28日(土) ときどきひとりのヨーロッパ周遊の旅 今日も念願の建築、ポンピドゥーセンターの別館であるCentre Pompidou-Metzに行きました! こちらも日本人建 …

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:1日目 成田、ヒースロー経由、デュッセルドルフ

【1日目】 2013年12月21日(土) ときどきひとりのヨーロッパ周遊の旅 年末の旅行について、記憶が怪しいが記録しておきます。

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:4カ国鉄道の旅、移動・宿泊の手配

1年前のことを今のように思い出しているomameです。 2013年ヨーロッパの旅、費用と予約について書いておきます。 2013年秋ごろに手配していますので、値段はその当時の相場です。

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:4日目 ドイツのクリスマスイブ

【4日目】 2013年12月24日(火) ときどきひとりのヨーロッパ周遊の旅 この日はクリスマスイブ! 去年まで家で女子会を開催してきたのですが、本場のクリスマスー!

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:混む美術館は事前にEチケットを買うべし

冬休みは頑張って更新しているomameです。 鉄道は全て日本でWeb予約したEチケットでしたが、美術館の入場券もWebで購入することができます。

profile

omame(おまめ)です
東京都在住のUI/UXデザイナー

平日はITメーカーの会社員デザイナーをしながら、日々の忘備録としてブログを書いています。

Twitter:omamemo
Instagrm:_omame