omamemo

デザイナーのお出かけブログ。カフェ、コーヒー、アートデザイン、旅を記録しています。

ドイツからイギリスまで鉄道の旅:3日目 デュッセルドルフ、アーヘン

      2017/07/01

【3日目】
2013年12月23日(月)
ときどきひとりのヨーロッパ周遊の旅

ドイツ観光2日目は空港があり、ドイツの中でも日本人が多いと言われているデュッセルドルフ。
そこから友人の大学があるベルギーとオランダとの国境に近いアーヘンの2ヶ所をローカル電車で移動しながらまわりました。

午前はデュッセルドルフへ

今日も滞在中のクレーフェルトから快速電車RE(RegionalExpress)で移動。

C&Aという日本にはないヨーロッパのファストファッション

若い子向きだけじゃなくマダム向けのラインナップも充実してた。セールでウールの帽子が9ユーロだったので購入。旅行中ずっとかぶっていました。
R0010178

いい品質のものを揃える通販生活みたいなマニュファクタム

雑貨情報に詳しい友達に教えてもらった。前に無印良品で扱ってたらしい。自社ブランドというよりよいもののセレクトショップ。お値段は安くはない。
R0010181

街歩き中に見つけたもみの木売ってるところ。車にのっけて持って帰るのにストッキングみたいにネットを被せてまるめる。
R0010184

さすが日本人が多い街

松竹という日本食スーパーでみかけた醤油。たしかに高いけど有名なものはほとんどあった。調味料が揃ってたらドイツでも日本の料理を作ることができそう。
R0010190

デュッセルドルフの駅前でケバブ買う。ケバブはヨーロッパいろんなところでみた。食べ歩きするのにポピュラーなんだとか。

午後はオランダとベルギーの国境に近いかなり西にあるアーヘンへ

駅前の広場にあった、温泉が出るみたい。
R0010198

今回お世話になってる友人の出身のアーヘン工科大学のある街。校舎、講堂が街中たくさんあります。
友人の友人、日本人のバイオリニストの方とフィアンセさんとお茶した。留学からずっとアーヘンにいるとのこと。海外から日本を見てる視点をこの旅でたくさん聞けた。フィアンセの方、優しそうだったー。とっても幸せそうだった。
R0010205

夕方からつづきのアーヘン観光。
昔ドイツの王様の出身地であった為、ケルンより中心部の建物が古い。中世の風景が残っている街でした。
R0010215

世界遺産のアーヘン大聖堂もケルンより古く、大きさはケルンより小さいのですが、曲面全体に広がるタイル絵がもの凄い!装飾に金が使われていて豪華さはまけてません。
R0010214

アーヘンのクリスマスマーケット

2カ所目。こっちの方がおすすめだよ、と言われてたけどほんと素敵な雰囲気だった!
ちょうど市庁舎と大聖堂の間にある石畳の道でマーケットが広がってました。ドイツ国内の中でも有名なひとつらしい。
R0010223

いろんなソーセージから選んで
R0010225

パンに挟む!めっちゃ美味しかった!寒いからホックホクです。
R0010226

市庁舎で結婚式が挙げられるんだけど半年以上前から予約するんだって。素敵だよね。
R0010235

お土産はリンツの工場直売所でアウトレットを買おう

駅から徒歩10分のところに、リンツの工場直売所があるので駆け込み!閉店ギリギリでお土産買い込んだ。美味しいチョコが安く買えて楽しすぎるー。
R0010239

出店の食べものは、日本のお祭りの焼きそばやたこ焼きと似たようなものだと思う。
海外の旅行客から日本のお祭りもこんなワクワクしながら体験してもらってたりするんだろうなーって逆に考えたり。
一日あちこち移動して楽しんだ。




<つづく>

 - ドイツからイギリスまで鉄道の旅